取扱商品案内

取扱商品案内

各種金属スクラップの買取りを行っております。
最新の相場状況もこちらからご確認いただけます。

詳しくはこちら

お取引の流れ

お取引の流れ

店頭持ち込み・宅配便・出張買取に対応しています。
お取引の流れはこちらからご確認ください。

詳しくはこちら

あらゆる金属くずの再資源化を目的に買取りを行っております。

金属は、その有能性から多種多様な分野で活躍しています。
しかし、無尽蔵に存在するわけではありません。
役目を終えた金属は、どうなるのでしょうか?そこで、当社を含む金属くず商の出番です。
金属くずを有価物である資源として買取り、適正なリサイクルフローにのせることが、私たちの仕事です。

金属は、半永久的に再生利用できるのです。
法人様は、もちろんのこと個人事業主、一般家庭の個人の方もお取引いただけます。
店頭買取り、定期回収、収集運搬にて対応します。
金属スクラップの売却、ご処分の際には、是非ご一報ください。
取引内容や買取価格などの詳細は、お問い合わせください。

取扱品目

・鉄スクラップ 鉄くず買取り
・非鉄金属スクラップ
・非鉄金属くず買取り 選別
・古物売買

対応地域

■関西一円
(大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県)
における、各種スクラップ・くずの出張買取をしています。
店頭持ち込みも買取りします。

買取に関するお問い合わせ

工場などの製造業者様、リサイクル業者様、一般のお客様など、
全業種に対応しております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。
TEL 072-785-1708072-785-1708

Facebook

設備案内

当社が有する運搬車両・設備の紹介をしております。
出張買取時は当社の車両でお客様のもとへ伺います。

詳しくはこちら

Partnership パートナーズシップ

当社では、協力者様を募集しております。
取引のご紹介・仲介をしていただいた方には、
成立した取引に応じて報酬をお支払い致します。

同業者様で廃業・事業継承・縮小をご検討の同業者様は、
貴社・貴方の商権を当社へお譲りください。
商権に応じて報酬(一時金・出来高払い金)をお支払い致します。
※当社規定・契約内容による。

詳しくはこちら

お取引に際してのお知らせ ご留意事項

お取引先 各位
【ご留意事項】
Ⅰ.各監督官庁の指導により、当社では盗難金属買取り、買受防止のため、お客様に身分証明証の提示とその写しを頂戴しております。ご了承くださいませ。また、商品が盗難品と判明した場合、取引成立の是非にかかわらず、即刻、所轄警察署に通報します。尚、お預かりしました個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。
Ⅱ.当社を含む金属くず商は、金属スクラップの取引において、基本的に最小取引数量が10kgとなっております。(大抵のトラックスケールの目量が10kg単位、もしくは20kg単位のため。)したがって、10kg未満の商品を買い取らせていただく場合は、数量に合わせて単価を調整致します。
何卒、ご理解いただきますよう、謹んでお願い申し上げます。
Ⅲ.金属の相場価格は、需給環境によって時に頻繁に変動しますが、即改定が業界の通念となっております。買取り単価に関しましては、情報が入り次第、店頭にて即時変更致しますので、当ホームページの更新が間に合わないことがあります。何卒、ご了承ください。

《中国向け輸出商品に関するお知らせ》 2018/11/13
被覆銅線、給湯器(処理済)など、中国の先進リサイクル工場にて資源処理されておる金属スクラップに関し、当年12月末日をもって、中国当局の輸入禁止が行われます。つきましては、輸出手続きの時間的制約から、12月初旬以降からは、輸出商の買取りが行われなくなります。その後、国内処理見合いの価格まで、前出の商品群は値下がりするものと思われます。どうかご理解の程、お願い申し上げます。

【アルミスクラップに関するお知らせ】2018/10/01
従来、アルミ込ガラB、Cと言う検収での買取りを行ってまいりましたが、需要家であるアルミ合金メーカーが同検収品の買取りを停止しておりますので、当社と致しましても、買取りを停止します。メーカーの購入再開があれば、当社も、買受けを再開します。何卒、ご理解の程、お願い申し上げます。

【ミックスメタル(通称:雑品スクラップ)に関するお知らせ】2018/03/06
仕向け先 中国の環境法規制の強化・厳格化により、ミックスメタル(通称:雑品スクラップ)の4月以降輸出が行えるか否か不確定なため、当社 取引先 貿易各社は、3/8(木)以降、買い止めを行います。つきましては、当社も3/8を迎えるか、在庫量が一定数量に達した時点で、買い止めを行います。また、商品の検収を厳しく致しますので、受け入れ拒否を行う品目が発生致します。何らかの解決策が見いだせるまで、この状況は継続致しますので、多大なご迷惑をおかけすることとなりますが、何卒、ご理解の程お願い申し上げます。

【廃家電製品に関するお知らせ】
排出者 各位
経済産業省「特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)」並びに環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課長 廃棄物対策課長 産業廃棄物課長 通達(平成24年3月19日)『使用済家電製品の廃棄物該当性の判断について(通知)』、『使用済小型電子機器などの再資源化の促進に関する法律』(平成25年4月1日 施行)および関連法令において、廃家電製品の定義、取り扱いに関する解釈が厳格化・法制化されたため、当社では引き取ることが不可能となっております。ご理解いただきますよう、謹んでお願い申し上げます。〔該当品目:テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン など〕